インターカジノ

インターカジノの評判はどう? 良い点と悪い点を忖度なしで紹介

インターカジノの評判は日本向けに強化されているだけあって良し悪しも沢山見つかりました。

出金スピードやイカサマの噂、それに出金拒否などいろんな評判がありますが、実はその多くはリニューアル前のことで数年前の古い情報が多いんです。

【このページで分かること】

  • インターカジノの特徴
  • インターカジノの良い評判・悪い評判

今回は、インターカジノの評判を私自身が感じてることも含めて忖度なしで正直に紹介してみました。

※ボーナスや入出金方法の内容についても軽く触れてありますので参考にしていただけると嬉しいです。

インターカジノの特徴

20年を超える実績で世界中で人気

最大ベット額が1回 5万ドルと大きい
・元祖ハイローラー向けカジノ
・老舗カジノだから信頼性が高い
・入金実績を重ねれば決済限度額が増える
・ロイヤリティープログラムで全員得できる
・ボーナスは少ないけどそれでも人気が高い
・Gambling Online Magazineでカジノ賞も受賞
(しかも5年連続で最優秀カジノ賞を受賞)
・アニメキャラ採用で日本人にとって馴染みやすい
入金不要ボーナス 30ドル
初回入金ボーナス 500ドル
日本語サポート あり
VIPランク あり
入金手段 クレカ(JCB・アメックス)・銀行振込・ecoPayz・VenusPoint・MatchBetter・ビットコイン等の仮想通貨(ビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/ リップル(XRP)/ ライトコイン(LTC)/ビットコインキャッシュ)
出金手段 銀行振込・ecoPayz・VenusPoint・MatchBetter・ビットコイン等の仮想通貨
ライセンス CEG Curaçao Egamingライセンス全般の紹介記事
運営会社(住所) Master Gaming License
本人確認 あり ( 他の本人確認不要のカジノについて)

単純に20年も運営しているというのは凄いことですが、それに加えて、ライセンス保有しつつ運営してきたことからも誠実に20年やってきたことは明白だと言えます。

インターカジノの良い評判 8項目

  1. 1回に最大50,000ドルをベットできる
  2. 登録がカンタン
  3. 初心者でも使いやすい
  4. デビットカードが使える
  5. ロイヤリティーポイントのお得感大
  6. 世界一厳しいマルタライセンスを持っていた安心感
  7. 入出金限度額がプレイ実績で増えることも
  8. 複数の仮想通貨が使えて便利

1回に最大50,000ドルをベットできる

インターカジノはハイローラーにも人気がある理由はライブバカラなどで1回に最大50,000ドルをベットできるからです。

VIPランクが最高ランクくらいまで上がればもしかするとさらに上限額が上がるかもしれません。

【インターカジノより1回のベット額が大きいところ】

  • ビットカジノ
  • エルドアカジノ
  • エンパイアカジノ
  • クイーンカジノ

>> これらのカジノの詳細はこちらの過去記事で紹介しています。

登録がカンタン

登録時には名前や住所などを入力する必要がありますが、インターカジノの場合には名前の他は全て日本語で入力できるのでカンタンです。

他のカジノだと住所も英語(ローマ字)で入力しないといけないところもまだまだ存在していて、その場合、番地から県名までを日本語と逆の順番で入力しないといえないので日本人にはすごく面倒だったりします。

そんな無駄な手間がなくてサクッと入力を終えることができるのはさすが日本人プレイヤーを大切にしているインターカジノだなと感じます。

初心者でも使いやすい

インターカジノはオンラインカジノで遊ぶのが初めての人でもわりとカンタンに操作できるように使い勝手良く作られています。

また、アニメのキャラクターからも日本人をそうとう意識したサイト作りをしています。

もしかすると日本人スタッフがいて作っているからかもしれませんが、そのくらい分かりやすい管理画面となっています。

他のカジノだと海外サイトにありがちな「超不親切」な使い勝手が最悪のカジノもまだまだ沢山あります。そんなカジノに入金するのは心配ですがインターカジノなら入金後に操作で困って嫌になるような心配もありません。

デビットカードが使える

通常のクレジットカードを持っていない人でもJCBのデビットカード(例えば楽天銀行デビットカードなど)を作れば入金に利用できます。

そもそも入金手段としてVISAとMasterCardが使えないという不便な点はありますがそれでもデビットカードが使えるというのは便利です。

クレカ審査に通らない人でもデビットカードなら発行できるのでインターカジノで存分に楽しむことができます。

ロイヤリティーポイントのお得感大

プレイをすればロイヤリティポイントがもらえるのがインターカジノの魅力の1つでハイローラーが多いカジノの理由の1つとも言われます。

そんなロイヤリティポイントはもらった瞬間から「賭けに使う」「即出金する」のどちらも自由で使い勝手の良さが抜群です。

【ロイヤリティポイントでできること】

  • 即出金(現金化)
  • 賭けに使える(スロットのみ対象)
  • ボーナスがもらえる等の抽選会に参加

スロットプレイヤーのためのポイントのような一面もありますが、現金化をすることもできるので再入金をすればライブゲームでも使えます。

世界一厳しいマルタライセンスを持っていた安心感

運営歴の長いインターカジノですがこれまで長期に渡り世界一厳しい基準のマルタライセンスを保有していました。

マルタライセンスは取得も困難だし維持も困難なのでそれで長期運営をしてこれたというのはイカサマなどのリスクがない安全なカジノという証拠にもなります。

残念ながら最近になってマルタからMGLへとライセンスを変更しましたが、これは入出金に仮想通貨の利用ができるようにするための苦肉の策だったようです。

その証拠に、他のマルタライセンスを保有していたカジノも次々と他のライセンスに変更をしています。

ライセンスブランドよりプレイヤーの利便性を優先したということは素晴らしいことだと思います。

入出金限度額がプレイ実績で増えることも

本当なら1回あたりの入出金には限度額が決められいるインターカジノですが、ハイローラーのように高額入金を繰り返しているプレイヤーの場合には限度額を上げてもらえる可能性があります。

他のカジノではいくら高額入金や高額プレイをしても相談にのってもらえないところが多いですがインターカジノはそれまでの実績に応じて限度額を見直してくれたという話があります。

だからハイローラーに人気があるというのも納得ができます。

複数の仮想通貨が使えて便利

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ リップル(XRP)・ ライトコイン(LTC)・ビットコインキャッシュなど5種類の仮想通貨が使えます。

定番のビットコイン以外にも複数の仮想通貨が使えるためBinance(バイナンス)などに保管してある仮想通貨を有効活用することもできます。

ちなみに、私の知り合いには今流行りのSTEPN(ステップン)でGSTをコツコツと貯めてBTCに変換してプレイ資金にしようと歩き回ってる猛者もいます。

インターカジノの悪い評判 10項目

  1. VIPランクが降格する
  2. 出金拒否(保留)された人がいる
  3. 1回あたりの入出金に限度額がある
  4. 日本円でプレイできない
  5. サポート利用時に待たされる
  6. アカウント認証の対応スピードが遅い
  7. クレカ利用が不便
  8. クレカ入金で手数料がかかる
  9. ボーナス額が少ない
  10. アニメキャラが恥ずかしい

VIPランクが降格する

VIPランク狙いなら「降格しないカジノ」じゃないと損です!

別記事でまとめてます>> VIPランクが降格しないオンラインカジノ

インターカジノはVIPランクに応じた優遇措置が充実しているのでハイローラーからも人気があります。

ただし、一度獲得したVIPランクもその後のプレイのペース(ベット額)が落ちるとランクが降格してしまいます。

まあ、これが当たり前だと言えばそれまでですが近頃だと一度獲得したVIPランクが降格しない、つまりプレイを休んでもランクをキープできるカジノがちらほらと出てきています。

せっかく投資した資金を無駄にしたくない方や、仕事やプライベートの多忙によりランク降格して悔しい思いをされた方にはランクが下がらないカジノが絶対に良いと思います。

出金拒否(保留)された人がいる

攻略法を使った賭け方や出金ルールを無視した出金処理をしたら拒否・保留になるリスクがあります。)

過去に出金しようとしたら「規約違反が認められた」ということで出金拒否された人がいるそうです。

ただし、徹底的に出金拒否についてリサーチしてみましたがそうした体験をした人はそうとう限られた人数のようで、それから考えられる原因は「出金ルールの規約を知らずに違反した」ということだと思われます。

どこのオンラインカジノでもプレイに関して規約はありますし、出金につても規約が決められています。

普通にプレイをしているくらいなら出金拒否(保留)されることはまずありえませんが、たまたま「カードゲーム攻略法と同じ賭け方をした」場合などは規約違反に該当します。

有名な攻略方法にバーレー法やマーチンゲール法などの賭け方がありますが、ネット上の情報を真似して攻略的な賭け方をしていると(特にワンパターンな賭け方)、出金拒否される原因に直結するのでインターカジノに限らずオンラインカジノでは注意が必要です。

1回あたりの入出金に限度額がある

1回の入金・出金に限度額がないカジノが人気です。

ハイローラーに人気です >> 入出金の限度額がないオンラインカジノ

ハイローラーに人気のインターカジノですが残念ながら入金にも出金にも1回あたりの限度額が決められています。

大きな限度額の仮想通貨での入金でも1回に10,000ドルまでとなっていて、出金だと全ての決済手段で共通して10,000ドルまでとなっています。

日本円にすると1回に約100万円しか出し入れできないのでハイローラーによっては複数回に分けて入出金することを面倒に感じる人も多いと思います。

日本円でプレイできない

インターカジノは入金後の資金はドルしか選べず日本円でプレイすることができません。

これが意味することは2つで、1つは単純に見た目がドル表示なので不慣れな人は金銭感覚がちょっとぼやけてしまいます。

重要なのはもう1つの意味の方で、入金時には日本円でもインターカジノに入る前にドルに自動変更されるため為替手数料が発生することです。

わずかな手数料ですがそれでも日本円でプレイできるカジノなら1円も無駄なく資金に回るものが手数料として差し引かれてしまうのでわずかながらも損をします。

また、出金の際にも同じことが言えまして、ドルから日本円に替えて出金することになるのでそこでも為替手数料が発生してしまいます。

為替手数料を気にされる方に人気です>> 日本円でプレイできるオンラインカジノ

サポート利用時に待たされる

他社カジノだとライブチャットで待たされる時間(順番が回ってくるまでの時間)が長くても3分ほどのところが多いなか、インターカジノは5分を過ぎる時も何度か経験してます。

長い時だと10分を超える時もあります。

日本からのライブチャットの場合には日本語に対応したスタッフにつながるようになっているため、裏返せばそれだけ日本人のプレイヤーからの人気が高いということにも繋がります。

逆に、いつでもライブチャットに一瞬で繋がるところは「日本でプレイしている人が少ない」という可能性もあるかもしれないです。

そういう意味では数分待たされる代わりに安心できるところにお金を入れて遊んでると考えることもできます。

アカウント認証の対応スピードが遅い

アカウント認証(本人確認)が不要の大手カジノが増えてきてます!

まとめた記事です >> 本人確認なしのオンラインカジノ

そもそもアカウント認証というのは初出金の前に終えなきゃいけない本人確認事項のことですが、これには申請から5営業日ほどかかるのが一般的です。

他のカジノでもだいたい同じくらいです。

ただし、インターカジノではたまにアカウント認証が完了するまでに10日ほどかかった人もいるようです。

アカウント認証は基本的には1回やっておけばそうそう2回目を求められることがないので、新規登録したら続けてアカウント認証も申請しておくのが理想的です。

ある意味、それだけのことで解決できるとも言えます。

クレカ利用が不便

入金に利用できるクレジットカードにVISAとMasterCardが使えません。

JCBとAMEXは使えますが日本人の場合にはVISAとMasterCardの利用者が多いのでなかにはインターカジノへの入金に利用できずに不便を感じる人もいるはずです。

ただ、今後はどこのオンラインカジノでもクレジットカードの利用がNGになっていくという話もちらほらあるので今のうちにクレカから銀行送金やecoPayzなどに切り替えておくのが無難かなと思います。

ちなみに、クレカ代わりに使う入金方法で最も人気があるのは銀行送金となっています。

クレカ入金で手数料がかかる

ただでさえ選べるクレカ会社が少ないインターカジノですが入金時には手数料がしっかりかかります。

2.25%から最大で5%かかります。

他社でもクレカ入金に手数料がかかるところは沢山あり、手数料も他社カジノと同程度ですが今どきはクレカ入金の手数料をとらないキャンペーンをやってるカジノもたまにあるのでこの手数料はもったいないですね。

ちなみに、オンラインカジノ業界ではクレカの利用が将来的にはNGになると噂があるため、今のうちから銀行送金やecoPayzなどのEウォレットへと利用手段を切り替えておくのが無難そうです。

ボーナス額が少ない

インターカジノでは他のカジノに比べると初回入金ボーナスの金額が最大500ドルと少ないため不満を感じる人も少なくありません。

※登録ボーナスは30ドルなので他社と比べても多い方です。

ただし、初回入金ボーナスが最大500ドルと少なくても使い勝手が優れているので実際に使った人からは「他社の2,000ドルボーナスより良い」と答える人もいるくらいです。

アニメキャラが恥ずかしい

これは完全に好みの問題になるので人によっては大歓迎という方もいれば管理画面を横からチラ見されたら恥ずかしいという人もいます。

日本人に馴染みを持ってもらうためにアニメキャラを採用しているようですが、ハイローラーには高級な雰囲気を好まれる方が多いのでインターカジノのアニメキャラを見て登録しない人も多いそうです。

実際、私の知り合いの50代後半のハイローラーの方はエルドアカジノの方が大金を入れるのに抵抗がないと仰っていました。

言われてみると確かに高額資金とアニメキャラはなんだかミスマッチな気がしますね。

まとめ

インターカジノの良い評判と悪い評判をピックアップしてみましたが、いかがだったでしょうか?

悪い評判の多くは他のカジノでもよくある内容ばかりでインターカジノだけの悪い評判というものは特に見当たらない印象でした。

このあたりは流石に20年もの運営歴のある老舗の安定感かなと思います。

また、プレイすればするほど獲得ができて現金化や他のボーナスやフリープレイの権利獲得に交換ができるロイヤリティポイントはハイローラーほ大きなお得感を得られるのでやりがいがあると思います。