ライブカジノハウス

ライブカジノハウス 入金不要ボーナスのもらい方と出金条件

ライブカジノハウスでは入金不要ボーナスとして30ドルもらえます。

一見すると物足りなく思えそうですが、ライブカジノハウスの操作性など相性を確かめるには十分なようです。

しかも、今なら、当サイト経由で登録されるとボーナス30ドルに加えて20回のフリースピンまでもらえますよ。 

>>  今すぐボーナス対象になれる登録ボタンまで進む

【参考にどうぞ】

入金不要ボーナス」は別の呼び名で「登録ボーナス」「無料ボーナス」とも呼ばれます。すべて同じボーナスのことです。安心してください

【ライブカジノハウスがハイローラーに人気の理由】

  • 出金がとにかく早い(実体験で約5分)
  • 日本語ライブチャットがいつでも利用可(休みなし)
  • スロット50社超・ライブカジノ8社と充実!
  • リベートボーナスも上限無制限なのでハイローラーほどお得

それではここからは公式サイトでは分かりづらいもらい方や出金条件などを分かりやすくご紹介します。

【登録ボーナスと入金ボーナスは両方もらえます】

3回目の入金を完了する前なら登録ボーナスももらえます

ライブカジノハウス入金不要ボーナスのもらい方

まずは、以下の赤いボタンから公式サイトのボーナス紹介ページに入ります。

次に、ページの下へとスクロールして「無料アカウント登録はこちら」に入ります。

あとは、登録を終えてからライブチャットで「ボーナスをください」と伝えれば完了です。

>> 登録手順を紹介した記事がこちらです

ライブチャットであなたに声をかけられたサポート担当者が、ボーナス対象になれるサイト経由で登録されているかを確認し、確認できしだいボーナスがもらえます。

登録をしてもこちらから何も声をかけずにいるとボーナスはいつまでたっても手に入りませんので注意してください。

入金不要ボーナスをもらう3ステップ
  1. 当サイト内から公式サイトに入る(※1,当サイト経由ならどのページでもOK)
  2. 入ったページから登録ページに入り登録を終える
  3. ライブチャットで「ボーナスをください」と伝えればOK。

※1,当サイトのライブカジノ記事内から公式サイトに入ればどのページでもOKという意味です。

何もせずに勝手にボーナスが手に入るわけじゃないので注意してください。

>>  ボーナス対象になれる登録ボタンまで戻る

ライブカジノハウスの入金不要ボーナス 注意点(賭け条件や期限など)

ライブカジノハウスの入金不要ボーナスにはごらんのような注意点があります。

  • 入金不要ボーナスには有効期限がある
  • もらうにはライブチャットで申請が必要
  • 入金不要ボーナスの勝利金は600ドルまで出金可能
  • 賭け条件(出金条件)は40倍
  • 1回あたりのベット額上限
  • ゲームごとに賭け条件への換算率(消化率)が異なる
  • 勝利金の出金には最低でも10ドル入金が必要

どれも知っておかないと困る注意点ですが特に「有効期限」は超重要ですね。

それでは、それぞれの注意点について詳しくご紹介します。

入金不要ボーナスには有効期限がある(24時間)

入金不要ボーナスはもらってから24時間で出金条件を満たさないと消滅します。

ここで重要なのは入金ボーナスだけが消滅するわけじゃなくて、入金不要ボーナスを使って獲得した勝利金までもが一緒に消滅してしまうということです。

それまでについやした時間とリスクがすべて無意味になってしまうので24時間の猶予はありますが数時間でクリアするくらいの意気込みでやりたいところです。

もらうにはライブチャットで申請が必要

冒頭でも紹介しましたように、ライブカジノハウスでは登録ボーナスをもらうにはライブチャットで申請をする必要があります。

最近のカジノは申請スタイルのところも多いので初めての方もこれに慣れておくと他でもらう時もスムーズになります。

入金不要ボーナスでの勝利金には出金限度がある

入金不要ボーナスで勝利金を得た場合、最大で500ドルまでしか出金ができません。

これを知っておかないと出金条件をクリアしているのに500ドルを超えてもなお賭けを繰りすという意味のないリスクをとってしまうことになります。

出金条件をクリアした時点で勝利金が500ドルに達していれば即出金して終わりにしてしまいましょう。

入金不要ボーナスの賭け条件(出金条件)は40倍

入金不要ボーナス30ドルをもらったら、出金するために40倍の1,200ドル分の賭けを行う必要があります。

ライブバカラなどで連勝すると意外とあっさりとクリアできるのでそれほど無謀な数字でもありません。

私の場合はエボリューション社のライトニングバカラで連勝した経験が多いですが、それだとわずかな連勝でも勝利金が跳ね上がるので効率が良いんですよね。

1回あたりのベット額上限

ライブカジノハウスでは入金不要ボーナスを使う際に、1回あたりのベット額に上限が決められていません。

好きなゲームに1回目から30ドルを賭けることもできるし、仮に30ドルが300ドルに増えた時には1回で300ドルを賭けることも自由です。

高額ベットし続けれる人ほど出金に必要な賭け条件をクリアしやすくなっています。リスクをとる人は報われやすいってイメージで好感が持てます。

同じくハイローラーに人気のワンダーカジノだと、ボーナスを使うには1回あたりスロット6ドル、ライブゲーム25ドルとなっています。

比べてみるとライブカジノハウスの「上限なし」は最高ですね。

ゲームごとに賭け条件への換算率(消化率)が異なる

賭けた金額が賭け条件に換算される率はスロットが全て100%で、それ以外は40%と15%に分かれます。

換算率(消化率)  対象ゲーム
100% スロット・ビデオスロット
40% オアシスポーカー・ポンツーン・プントバンコ・カリビアンポーカー
15% 上記以外(全ての「ビデオポーカー、ブラックジャック、ルーレット、バカラ、インスタントゲーム」)

出金効率を良くするにはスロットをプレイするのがベストですが、日頃からスロットをプレイしない人が出金しやすさを優先してスロットを回すのはおすすめできません。

スロットに詳しいハイローラーさんなら問題ありませんが、そうでなければ直近のスロットの傾向が分からないので単なる運試しに終わってしまうからです。

実際、私はよく知らないスロットに突っ込んで一瞬で入金不要ボーナスを失った人です。(他のオンカジですでにプレイ慣れしてるライブカジノで使えばもっと意味があったと後悔しています。)

勝利金の出金には最低でも10ドルの入金が必要

入金不要ボーナスは入金しなくてももらえるボーナスなので賭け条件さえクリアできれば出金できると勘違いされる方も多いかもしれません。

実は、出金するには最低でも10ドルの入金をする必要があるんです。

というのも、一度入金した人でないと出金ができないルールがあるからです。おそらくは国際的なカジノライセンスの影響かなと思います。

入金をする手段は「出金に利用したい手段」を使う必要があります。

>>  ボーナス対象になれる登録ボタンまで戻る

ライブカジノハウスの入金不要ボーナスを他社と比較

ライブカジノハウスの他にも入金不要ボーナス(別名、登録ボーナス)を用意しているカジノは沢山あります。

ただし、ライセンスの有無や種類、日本人にプレイされている実績から見ると今はナンバーワンの魅力だと言えます。

他の信頼できる有名カジノも20ドル~30ドルの入金不要ボーナスはあっても、それにフリースピン20回までついてくるところはないからです。

通常は入金不要ボーナスだけかフリースピンだけです。

しかも、入金不要ボーナスの額がライブカジノハウスより大きなところは、ほぼ全てがマイナーカジノといった印象で、私の周囲でもプレイしている人を聞いたことがないカジノが多い印象です。

カジノによっては出金拒否をされて大金を失っている人もいますので、信頼できる(日本でも多くの人がプレイ・出金できている)ところを選ぶのは鉄則です。

そういう意味でも、ライブカジノハウスは信頼できて、入金不要ボーナスも大きく、フリースピンまでもらえるのはハイローラーにとって大きな魅力だと言えそうです。

まとめ

  • 入金不要ボーナスは30ドル
  • フリースピン20回もついてくる
  • 出金するには最低でも10ドルの入金が必要
  • 勝利金は最大600ドルまで出金可能
  • 無料でもらえる特典は他のカジノよりも魅力大
  • 入金不要ボーナスと初回入金ボーナスは両方もらえる

>>  ボーナス対象になれる登録ボタンまで戻る

他のカジノだと入金不要ボーナスと入金ボーナスがどちらか1方しかもらえないところもありますが、ライブカジノハウスは両方もらえるので安心です。

また、出金するには最低でも10ドルの入金が必要となぅていますが、この入金額を出金するには賭け額の合計が同額以上になれば出金できます。

繰り返しにはなりますが、その他の注意点としてはプレイするゲームによって換算率(消化率)が違うところです。

いくらスロットが100%でも、日頃からライブゲームしかしないプレイヤーがスロットをやるのはおすすめできません。

私自信がライブカジノハウスでも他のカジノでも換算率(消化率)ありきでプレイして痛い目を見ているのであなたには同じ目にはあってほしくないんですよね。

それではライブカジノハウスで入金不要ボーナス30ドルを手にいれて相性の良さを確かめてみてください。