オンラインカジノ基本情報

オンラインカジノはライセンスありでも安全じゃない!(第三者機関が存在する理由も紹介)

オンラインカジノにはライセンス保有しているところがほとんどですが、ライセンスがあれば安全でしょうか?

実は「ライセンス保有」というだけでは安全とは言い切れません。

カジノガラスさん
カジノガラスさん
ライセンスは取得や保持が困難な信頼性が高いものもあれば、取得がカンタンで信頼性が怪しいものもあります。
小鳥さん
小鳥さん
そこで今回は、安心してオンラインカジノをプレイするために信頼度の高いライセンスとそのライセンスを保有しているカジノについても紹介してみました。
この記事で分かること
  • カジノのライセンスって何?
  • オンラインカジノがライセンスを持つ意味
  • ライセンスと第三者機関の関係
  • ライセンスごとの特徴

オンラインカジノ運営の全体イメージ

小鳥さん
小鳥さん
まず初めにカジノ全体のイメージからご紹介します。
カジノガラスさん
カジノガラスさん
次はライセンスの一覧と各社の特徴をまとめてみました。ライセンスからカジノを選ぶプレイヤーもいますよ。

オンラインカジノ ライセンスの一覧と特徴

小鳥さん
小鳥さん
現状、日本語対応の大手オンラインカジノではキュラソーとマルタが上位2ライセンスです。

キュラソー

・現在、最もメジャーなライセンス
・令和になりマルタから変更してくるカジノが増
・キュラソーは連邦国家オランダ王国の構成国
・仮想通貨の利用が許可されたものでは最上位
設立年 1996年
運営元 オランダ領キュラソー政府
認定カジノ  ベラジョンカジノ

>> ビットカジノ

>> エンパイアカジノ

>>ライブカジノハウス

マルタ共和国(MGA)

・世界で最も取得・維持が難しいライセンス
・取得後の剥奪もあるほど厳しい
・仮想通貨の利用はNG
・仮想通貨を採用するカジノがキュラソーに移った
設立年 2000年
運営元 マルタゲーミング委員会
認定カジノ >> ラッキーニッキー

>> カジノシークレット

小鳥さん
小鳥さん
他のライセンスもちゃんとしてるけど、令和の今はキュラソーが席巻してる印象です。

もともとはマルタライセンスが最高峰という位置づけでしたが、マルタライセンスでは仮想通貨の取り扱いができないという背景があります。

近頃のオンラインカジノはビットコインなどを利用するプレイヤーが多く、特にハイローラーには仮想通貨を使うプレイヤーも多いんです。

そこで人気が出たのがマルタの次に取得困難で信頼性の高さをアピールできるキュラソーライセンスです。

そこでもマルタライセンスを保有していたオンラインカジノの多くがここ1~2年の間に次々とキュラソーに変更し、入金出金の手段に仮想通貨を導入しています。

カジノガラスさん
カジノガラスさん
誤解のないように補足しておくと、以下で紹介するライセンスの多くも2大ライセンスには負けますが信頼性は十分ありますよ。

アンティグアバーブーダ

・1981年にイギリス領から独立した国
・中南米にあり9.7万人
・元首はエリザベス二世女王
・主要支援国 日本/UAE/EU/イタリア
・日本も援助している国が運営するライセンス
設立年 申請は1994年
運営元 政府
認定カジノ >> ライブカジノハウス

>> ビットカジノ

KAHNAWAKE GAMING COMMISSION(カナワケ)

・このライセンスだと出金スピードが早い印象
・政府系の運営で安心感が大きい
・カナダはもともとランドカジノでも有名
・カナダは8州にランド(本場)カジノがある
設立年 1996年
運営元 カナダ・ケベック州にある独自政府
認定カジノ エルドアカジノ

GAMBLING COMMISSION

・イギリスのギャンブル監視機関
・イギリスの業社へのカジノライセンスも発行
・取締役会11名はイギリス政府の各庁から任命
・実はクレカでのギャンブル禁止を働きかけている
・宝くじ関連委員会も運営している
設立年 1994年
運営元 GAMBLING COMMISSION(イギリス)
認定カジノ >> ウィリアムヒル

gov.im(マン島政府)

・今も昔もライセンス取得が困難
・保有していることはステイタスとも言える
・信頼性の高さではナンバーワン
・仮想通貨の利用は許可しない特徴がある
・仮想通貨の利用希望するカジノが複数抜けた
設立年 2001年
運営元 マン島政府
認定カジノ >>

HM Government of Gibraltar (ジブラルタル政府)

・ライセンス料金が高額で主に大手が取得
・新規参入の零細企業では取得が困難
・ライセンス取得企業は50社未満と厳選
・マルタにも匹敵する高信頼なライセンス
・政府発行なので消滅する心配がない
・イベリア半島端にある英国の海外領土
設立年 1998年
運営元 ジブラルタル自治政府
認定カジノ >> ウィリアムヒル

PAGCOR(パグコー)

・政府が運営しているので安心感が大きい
・他のライセンスほど厳しくない
・他カジノと同時保有するカジノが多い
・現地では9つのカジノも実際に運営中
・マルコス大統領の大統領令(PD1067-A)で設立
設立年 2007年6月の改正より現行体制
運営元 フィリピン政府
認定カジノ  エルドアカジノ

コスタリカ/パナマ/ベリーズ

・資金があれば発行してもらえる説もある
・この3社のライセンスだけではやや心配
・取得後の監査がないため信頼性は低い
・他の一流ライセンスと併用する企業が多い
設立年 政府のため設立不要
運営元 各国の政府
認定カジノ >> ライブカジノハウス

>> ビットカジノ

オンラインカジノのライセンス 基礎知識

ライセンスが必要な理由

  1. 国によってはライセンス保有でないと運営が許可されない
  2. プレイヤーに対する信頼性の高さアピール
  3. ゲーム会社と契約するため

1,オンラインカジノにライセンスが必要な理由は、国によってはライセンスを保有していないと運営を許されないところが多いです。

2,プレイヤーに対しては「◯◯ライセンス保有」とアピールすることで安心して入金をしてもらうためのアピールポイントにもなっています。

ここで重要なのは単にライセンス保有かそれともネームバリューがあるマルタやキュラソーのライセンスを保有しているか?になってきます。

マルタなどを取得できないカジノはどこでもいいから運営するためにマイナーなライセンスを取得するケースもあるので注意が必要です。

3,オンラインカジノはゲーム会社と契約をしてスロットやライブゲームを導入しています。不正行為をするようなカジノとはゲーム会社は契約をしたくないので、この場合もライセンスがしっかりしたものであれば人気ゲームを取り扱う会社と契約がしやすくなるというメリットがあるわけです。

まともなカジノはライセンスを絶対持ってる

ライセンスを取得保有するには実は大きなお金が必要となります。

なので例え新規参入するカジノが登場しても、資金力がある大手企業でないと取得や保有継続が難しくなります。資金力がある企業ということも安全な運営には重要なポイントとなります。

また、なかにはライセンスなしで運営しているオンラインカジノもあるようですが、間違いなくそうしたライセンスなしのカジノは危険です。避けるべきです。

うっかり入金をしてしまうと出金できなくなるリスクもあります。よく耳にするのがいきなり閉鎖してお金が戻らないという話です。

ライセンスが複数存在する理由

オンラインカジノは複数の国から事業に参入されていますが、ライセンスによっては運営企業が本社を構える国の政府が運営しているところもあります。

つまり参入企業が複数国あるのでライセンスも複数存在するというわけです。

そのため、マルタ・イギリス・中南米などのようにライセンスの運営元は複数国に点在しています。

ライセンスを基準に選ぶべきか?

オンラインカジノを選ぶ際に、ライセンスを基準に選ぶ方は少ないです。

そもそもライセンスの存在を知っている人が初心者プレイヤーにはほぼいないからです。

また、ハイローラーの場合には知人からの口コミで選んだり、決済限度額の大きさで選ぶ人が多いのでライセンスについてはあまり関心を持たない方も多いです。

でも、個人的にはライセンスがキュラソーかマルタであることを優先して選ぶのがベストだと思っています。

特に近頃の大手オンラインカジノはキュラソーライセンスのところが多いので「キュラソーのカジノ」から選んでも困ることはありません。

ライセンスを取得しているオンラインカジノなら安全?

いいえ、取得しているだけでは安全とは言えません。

なぜなら取得しやすいライセンスがありますし、ライセンス取得と各ゲームのペイアウト率などの不正操作は別ものだからです。

そこで、ライセンス取得しているオンラインカジノのなかでまともな運営をしているところの多くは第三者機関のチェックを定期的に受けています。

カジノガラスさん
カジノガラスさん
ここに文字を入力してください

オンラインカジノの第三者機関とは

ライセンスはカジノ会社の不正をなくすためのもので、スロットなどのようにゲーム会社から提供を受けているものはカジノ会社の運営とは別になります。

そのため、ライセンスが信頼できてもゲーム会社がイカサマをしてペイアウト率の操作などをしているとカジノ会社もライセンス団体も気づくことができません。

そうしたペイアウト率の不正操作やペイアウト率の悪さなどを監視する役目として第三者機関の存在があります。

カジノガラスさん
カジノガラスさん
続けて第三者機関の紹介をしてみました。

eCOGRA(イーゴラ)第三者機関

・オンラインカジノを監視する第三者機関
・オンラインギャンブル規制機関として活躍
・PricewaterhouseCoopersと協力して活動
・ISOも認証済
・2021年にギリシャとオランダでも管轄承認
設立年 2003年
運営元 イギリスを拠点としたNPO

GLI(Gaming Laboratories International)第三者機関

・審査機関としてはギャンブル系で最大規模
・カジノ業界の90%超を対象とする監査機関
・ランドカジノでペイアウト率も公表している
・信頼の高い自社基準はGLI基準とも呼ばれる
・1,757,470を超える品目の認定実績あり
設立年 1989年6月23日
運営元 GLI(ニュージャージー州トムズリバーに本部)

iTech Labs 第三者機関

・世界中でRNGテストを行っている第三者機関
・還元率(RTP)や年次セキュリティ検査も対応
・プラットフォームの認定
・スポーツベッティングの認定
・NETENT社のテストも請け負った実績あり
設立年 2004年(オーストラリア)
運営元 iTech Labs

TüV compliant(テュフ コンプライアント)第三者機関

・コンプライアンス管理サービス
・69ヶ国に19,320人を雇用する大企業の1部門
・技術、安全、証明サービスに関する企業
・世界で第7位の認証機関
グループ本体の設立年 1872年ドイツ ケルン
運営元 TüV compliant

まとめ

オンラインカジノの多くはライセンスを取得しています。でも、ライセンスによっては信頼性が高いものや低いものなど差があります。

だからライセンスを保有しているから安全とは言い切れません。

次に、マルタやキュラソーのように信頼性が高いものを保有していれば問題ないかと言うと、それと取り扱いゲームのペイアウト率の不正などは別なので見抜けず安心とは言い切れません。

そこで第三者機関と提携をして常日頃から不正操作などのチェックをしてもらっているカジノが多いです。

不正操作などが不安な方はマルタやキュラソーのライセンスを保有しつつ第三者機関のチェックも受けているカジノを優先して選ぶことをおすすめします。