ワンダーカジノ

ワンダーカジノの評判はどう? 良い点と悪い点を忖度なしで紹介

この記事を読んでいるあなたは

  • ワンダーカジノの評判が気になり一歩踏み出せない
  • ワンダーカジノの特徴やボーナス額を知りたい
  • ワンダーカジノの入出金の手段や限度額を知りたい

と思っていませんか?

そこで今回は、評判と特徴、それに入出金の手段と各限度額など登録前に抑えておきたいポイントをお伝えします。

【このページで分かること】

  • ワンダーカジノの特徴
  • ワンダーカジノの良い評判・悪い評判

もくじ

ワンダーカジノの特徴

VIPランク降格なしでハイローラー人気の高いカジノ

・正真正銘のハイローラー向けカジノ
・高級感ではワンダーが1位
・EASY版なら本人確認ナシで出金OK
・EASY版はボーナスとVIP制度がないだけ
・EASY版からNORMAL版に変更も可能
・1回の入出金額に上限額がない
・初心者向けのガイドページで安心
・見た目のオシャレさもTOPクラス
・最高VIPはLINEで優先サポートも

 

入金不要ボーナス 30ドル
初回入金ボーナス 500ドル/FS100回/50%キャッシュバック から1つ選択
日本語サポート あり
VIPランク あり(降格なし)
入金手段 クレカとデビットカード(VISA・Mastercard)・銀行振込・ecoPayz・ビットコイン・STICPAY
出金手段 ・銀行振込・ecoPayz・ビットコイン・STICPAY
ライセンス キュラソー No. 8048/JAZ( ライセンス全般の紹介記事
運営会社(住所) Sector Media N.V.(Heelsumstraat 51, E-Commerce Park, Curacao.)
本人確認 ライト版は不要・通常版は必要 ( 他の本人確認不要のカジノについて)

※入金不要ボーナスのと初回入金ボーナスはいずれか一方しかもらえません。

ワンダーカジノの良い評判 18項目

ハイローラーに魅力的だと思う順番で並べてみました。

  1. 日本語サポートが24時間365日ある
  2. 1回のベット額の上限が大きい
  3. VIPランクが降格しない
  4. VIPランクを極めるとスーパーアドバイザーがつく
  5. 入出金の方法が多くて便利
  6. 出金が異常に早い(最短30秒で業界1位)
  7. リベートボーナスが大きい(最大スロット1.55%・ライブゲーム0.9%)
  8. 登録時と初入金時のボーナスも充実している
  9. 誕生月は最大1,000ドルボーナスがもらえる
  10. ボーナスにはベット上限額がない
  11. EASY版だとKYC(本人確認)が不要でラク
  12. EASY版は登録がカンタンで住所も不要
  13. How-Twoガイド(マニュアルページ)がすごく便利
  14. 取り扱いゲーム数が2,000種類超で膨大
  15. ライブゲームの取り扱い会社が増えた(2社から8社へ)
  16. 公式Twitterで得られる最新情報が便利
  17. 通信が軽くライブゲームやスロットのストレスがない
  18. アプリが利用できるのでログインがラク

>> 今すぐに悪い評判を見るならこちら

日本語サポートが24時間365日ある

ワンダーカジノのサポートは他のカジノのサポートよりも評判が良いですが、その理由は、他のカジノのサポートよりも丁寧な対応だからです。

これはワンダーカジノ側のスタッフ教育がしっかりしているからだと思われます。

個人的には日本語サポートではナンバーワンだと感じているくらいです。

1回のベット額の上限が大きい(1回160万円ベットも可能)

ワンダーカジノのライブゲームでは1回あたりのベット額上限が非常に大きいです。

例えば画像にありますエボリューションのライブバカラにある「サロンプリヴェ」なら1回のベット上限額が15,000ドル(約160万円)になっています。

ただし、他カジノではより大きなベット額が可能なところもあります。でも、なぜか入出金の限度額が低くて高額ベットしづらい傾向があります。

なので、ワンダーカジノのように「1回の入出金に限度額なし+ベット1回15,000ドル可能」というバランスの良さはさすがハイローラー向けで秀逸です。

VIPランクが降格しない

オンラインカジノではVIPランクを用意してくれているところが増えていますが、実際にはVIPランクを高いレベルのままで維持出来ている人は少ないそうです。

短期間で高額プレイをしてランクを上げられたとしても、1ヶ月ごとや3ヶ月ごとにランクの見直しがあるので持続は厳しいわけです。

例えば、資金の問題や仕事やプライベートが忙しくてプレイ時間が確保できなかった時にはそれまでに大金を費やして獲得したVIPランクを失うこともザラにあります。

でも、ワンダーカジノなら一度獲得したVIPランクは落ちることがないので思い切って大金を突っ込み短期決戦で高いレベルに叩き上げる作戦が効果を発揮します。

その後、リベートボーナスなどで高いリターンを得られるわけですからVIPランクを上げるだけの意味が十分にあります。事業として考えたら先行投資みたいな感じですね。

VIPランクを極めるとスーパーアドバイザーがつく

VIPランクの最高ランクはスイートクラスと公表されていますが、実はそこまでいかなくても、ファーストクラス以上になればSV(スーパーアドバイザー)がつくようになります。

SV(スーパーアドバイザー)がつくことで、LINEでやり取りができるようになるため本来

のサポートよりも更にカンタンに質問したり返事をもらうことができます。

SVは招待制となっているため条件を満たせばサポート側から連絡が来るそうです。ここまで進むとVIP扱いされてる実感が湧いてきます。

入出金の方法が多くて便利

入金にはクレカ・Eウォレット(ecoPayz・VenusPoint・STICPAY)・仮想通貨と銀行送金まで幅広く使えるため他のカジノとの資金の行き来もスムーズです。

近頃はクレカが使えないカジノも増えていますがVISAとMasterCardに対応しているあたりはクレカ利用でマイルを貯めたいプレイヤーにも便利です。

ただし注意が必要なのは入金限度額がないのはクレカ以外といところです。やはりクレカの立ち位置はカジノ業界前提で弱まりつつあるようです。

(こちらも参考にどうぞ)
>> ワンダーカジノの入金方法(手数料や限度額も解説)

>> ワンダーカジノの出金方法 (手数料や限度額も解説)

出金が異常に早い(最短30秒で業界1位)

小鳥さん
小鳥さん
結論から言うと私の場合は最短3分でした。時期と手段によっては30秒ってことなんだと思います。
カジノガラスさん
カジノガラスさん
今回のテストではecoPayzの3分が最短だったけど、他も10分程度が多かったのでやはり早いと思う。

私が実際に出金にかかったそれぞれの時間を紹介します。

銀行送金で出金した場合

  • 楽天銀行 29分
  • ゆうちょ銀行13分

※各銀行にある自分の口座に着金するまでの時間

ビットコインで出金した場合

  • ビットフライヤー 14分
  • コインチェック 11分

※各社の自分の口座に着金するまでの時間

Eウォレットで出金した場合

  • ecoPayz 3分
  • VenusPoint 15分
  • STICPAY 44分

※各Eウォレットの口座に着金するまでの時間

※前提条件として出金処理の対応時間は8時~23時の間です。それ以外の時間に出金申請をしても処理が開始されるのは対応時間になってからです。土日祝日も処理しれくれます。

※また出金スピードが異常に早いことは高額を扱うハイローラーには特に大きなメリットですが、出金方法に何を選ぶかによっても多少違ってきます。

リベートボーナスが大きい

  • スロット 最大1.55%
  • ライブゲーム 最大0.9%

このリベート率は他カジノよりも大きく、しかも申請不要で自動的にもらうことができるでラクだし貰い忘れがないので好評です。

しかも出金条件は1倍なので限りなく少ない負担で出金を実現できます。

毎日1:00~翌日00:59の間で集計をして翌日には付与されるという驚異的な早さなのも評判の良さに繋がっています。

小鳥さん
小鳥さん
これが例えばライブカジノハウスの場合だと付与は週1回だけ、そして付与率はスロット1%・ライブカジノ0.6%なのでワンダーカジノの凄さが分かります。

登録時と初入金時のボーナスも充実している

登録だけで30ドル、その後の入金で500ドル か FS100回 か 50%キャッシュバックか1つだけ選択できます。

小鳥さん
小鳥さん
ボーナス額は少なく感じるけど使えるゲームや1回のベット額に制限がないので自由に使えるのはすごく現実的だと思います。

>> 入金不要ボーナスを紹介した記事です

>> 初回入金ボーナスを紹介した記事です

誕生月は最大1,000ドルボーナスがもらえる

誕生日の月にはバースデーボーナスが最大で1,000ドル分もらえます。

ただし金額はVIPランクにより異なり最低ランクだと30ドルで最高ランクだと1,000ドルになります。

ワンダーカジノのVIPランクは一度獲得したランクは落ちることがない素晴らしいルールになっているので短期勝負でバンバン賭けを繰り返してランクアップしておくとバースデーボーナスに限らず全てのボーナスでお得になります。

>> バースデーボーナスのあるカジノの一覧

ボーナスにはベット上限額がない

ボーナスをもらっても利用ルールが厳しいカジノは多いです。例えば1回あたりのベット上限額が低く設定されていて万が一に超えた金額をベットしてしまうとボーナス没収をされるところも多いです。

でも、そんなボーナス利用についてのルールがないので1回でどれだけ多くの額を賭けてもいいし、好きなゲームに自由に使うことができてストレスフリーです。

EASY版だとKYC(本人確認)と住所入力が不要でラク

EASY版とNORMAL版のうちEASY版はボーナスとVIPランクが対象外になるだけで後は同じプレイができます。

本人確認不要で出金まで可能なカジノは貴重な存在なのでハイローラーでも最初はEASY版からプレイされる方は多いようです。

そもそも、住所確認の書類って水道光熱費の明細書か住民票など、用意するのが面倒なのでまずはカジノをプレイしてからNORMAL版にするか決めたいという人も多いようです。

>> 本人確認不要で遊べるカジノ 一覧

小鳥さん
小鳥さん
ハイローラーの誰もがボーナスやVIPランクに興味があるわけじゃないですからね。

How-Twoガイド(マニュアルページ)がすごく便利

オンラインカジノはどこも操作は似ていますが全く同じではありません。そのためワンダーカジノはマニュアルを用意してくれています。

意外と他カジノではマニュアルがないため登録後にライブチャットで確認することも多いですがここまで丁寧に用意してくれていれば自分で確認を求める必要がないのでラクです。

内容もちゃんと分かりやすく作られているため、おそくら日本人スタッフが監修しているんじゃないかと思います。

まるで日本企業のようなかゆいところに手が届くカジノ会社だと高評価されています。

取り扱いゲーム数が2,000種類超で膨大


スロットで2000種類を超えるのは業界でもダントツで多い方で、しかもそれが大手カジノでライセンスもしっかりとしたものを取得しているとなればTOP3に入るはずです。

小鳥さん
小鳥さん
スロット数が多いのは大手の他社だとカジノシークレットとミスティーノですが、シークレットはだいたい動作が重くてストレス感じます。
カジノガラスさん
カジノガラスさん
それにミスティーノは立ち上げ当初に出金トラブルとかゴタゴタあったから避ける人も多いらしい。実質、ワンダーカジノがスロットは1位かも。

【スロットゲーム 取り扱い24社の一覧】

CQ9/GoldenHero/Netent/Thunderkic/Micogaming/PushGaming/Blueprint/Red Tiger/YGGdrasil/Pocket Gmames Soft/Playteck/Playng GO/Ameba/PragmaticPlay/RelaxGaming/No limit City/BigtimeGaming/Booongo/Betsoft/JILI/Habanero/SLOTMILL/AUX/Manna Play

ライブゲームの取り扱い会社が増えた(2社から8社へ)

2020年頃まではワンダーカジノのライブゲームは2社しか提携がなかったためにライブゲームがやや弱いという評判も多かったです。

でも、今や8社の取り扱いに増えたために他社カジノと肩を並べるまでになりました。

【ライブカジノ取り扱い8社の一覧】

SA GAMING/Micogaming/Playtech/Evolution/AE CASINO/Asia Gaming/ALLBET/PRAGMATIC PLAY

カジノガラスさん
カジノガラスさん
ちなみに、ライブゲームに強いエルドアカジノとワンダーカジノを比較してみたよ。

以下のゲーミング会社はエルドアカジノに揃ってます。

BIG GAMING/BBIN LIVE/GAME PLAY LIVE/WM LIVE/SEXY GAMING

>> エルドアカジノの評判と特徴はこちら

小鳥さん
小鳥さん
ゲーミング会社の取り扱い数はエルドアに負けてるけど、エルドアより通信が快適なことも多いから単純に負けてるとは言い切れないよ。

公式Twitterで得られる最新情報が便利

公式Twitterではメンテナンスや最新のボーナス情報を中心につぶやかれています。特にメンテナンス情報は重宝します。

入金できない!出金できない!ecoPayzがない!など困った時はメンテナンス情報を見たら大抵は即解決しますからね。

ワンダーカジノだけプレイする人にはTwitter情報は不要かもしれませんが複数カジノをプレイする人には目が届かないお得情報も逃さずに済むため評判です。

フォロワー数は日本で登録者数1位のベラジョンの2.8万人と比べると後発組だけあって少ないフォロワーですが、プラスに解釈すればそれだけサーバーが混み合わずに快適にライブゲームやスロットが楽しめるとも言えます。実際に軽いと感じてます。

通信が軽くライブゲームやスロットのストレスがない

他の人気オンラインカジノはすでに多くのプレイヤーが集中しているためにプレイしたくても通信がやたら重くて酷い時にはプレイ途中で画像がフリーズすることもあります。

特に名前が有名なカジノは時間帯によっては読み込みマークがすぐに表示されてスムーズにベットさえできないことも多いです。

でも、ワンダーカジノはまだ初心者などが押し寄せてきていないのでいつプレイしても通信がサクサクと軽くて途切れることがありません。

(画質もキレイだし全くカクカクしません)

今回、テストするために5年前に6万円で購入したやや古いWindowsPCでライブバカラを開いてみましたが全くストレスなく開いてプレイができました。

もしあなたがここ1~2年に購入したスマホやPCを使ってプレイするならキレイな画質でリアルなプレイを存分に堪能できるはずですよ。

アプリが利用できるのでログインがラク

ワンダーカジノはiOSとAndroidの両方のアプリが用意されているのですき間時間にログインをしてプレイが楽しめます。

他のカジノではほとんどのところがアプリを用意していないので自分でホーム画面にボタンを作るなど手間がかかりますが、ちゃんとアプリを導入してくれているところはユーザー目線だなと感心させられます。

小鳥さん
小鳥さん
マニュアルが用意されていたりアプリが用意されているあたりはさすが後発組のカジノだけあってプレイヤーが求めてるものを分かってるね

ワンダーカジノの悪い評判 9項目

  1. ライブチャットの担当者が日本人とは限らない
  2. プレイ通貨がUSドルしか使えない
  3. キャッシュバックを受けるのに合言葉が必要
  4. キャッシュバック率がイマイチ
  5. クレカ入金とSTICPAY入金は手数料がかかる
  6. NORMAL版だとKYC(本人確認)が必要
  7. 仮想通貨の利用なのにKYC(本人確認)が必要
  8. クレカ入金は初回時点でKYC(本人確認)が必要
  9. 2020年夏に出金トラブルが話題になった

ライブチャットの担当者が日本人とは限らない

他の紹介サイトではワンダーカジノのサポートは日本人が担当していると書かれているものもありますが実際には日本人ではないスタッフも含まれています。

今回、質問したいことがあったので利用してみたところ上画像のように日本人ではありませんでした。

日本人ではないのは少し残念です。ただしサポート対応は全く問題はありませんでしたよ。

プレイ通貨がUSドルしか使えない

小鳥さん
小鳥さん
つまり、日本円で入出金をするには為替差損や為替手数料がか発生するリスクがあるってことです。
カジノガラスさん
カジノガラスさん
出金時、ドルから円に変える際の為替差で利益がでることもあるけどね。

ワンダーカジノでプレイをするにUSドルしか通貨が選べません。これがYEN通貨が選べるなら為替手数料をとられたり、入金と出金の間での為替損益の影響を受けることもありませんが仕方がありません。

ただし、実際には多くのオンラインカジノはUSドルかユーロか仮想通貨がプレイ通貨になっているので特別に損をしているわけでもありません。

むしろ、ここ10年ほどの為替の動きからしたら、入金時よりも出金時の方が円安で得することの方が多いと思います。

私もこれまで1ドル109円未満で入金を続けてきましたが、今は110円に達しているので出金すれば単純に為替だけでも利益が出てるくらいです。今後もしばらくそんな気がしてます。

キャッシュバックを受けるのに合言葉が必要

キャッシュバックを5%もらえるのはありがたいことですが、もらうためにはライブチャットを開いてそちらに合言葉を伝える必要があります。

例えばこの記事を書いている今だと合言葉は「ワンダーキャッシュバック」というフレーズになります。いつ変更になるかわかりませんので必ずプロモーションのページに入って確認をしてください。

間違っても自動的にキャッシュバック額が資金欄に入ってくることはないのでご注意ください。

キャッシュバック率がイマイチ

【基本情報】ワンダーカジノのキャッシュバックは5%です。

キャッシュバックは無いよりはある方が断然に良いですが、他カジノのキャッシュバックと比較してみるとイマイチだとされています。

キャッシュバックをやってるカジノで有名なのはチェリーカジノ・ベットティルト・エルドアカジノがありますが、いずれもキャッシュバック率は10%あります。

ただしエルドアだけは条件によって3~10%の幅があるので場合によってはワンダーカジノの方が好条件となりますが、最大率で見れば負けていることが分かります。

ハイローラー向けという点で見ればエルドアだけがワンダーの直接ライバルと言えますが、この2社だとカジノサービスではそれほど大きな差がないので最後はサイトの見た目などの好みで選んでも問題はないと思ってます。

クレカ入金とSTICPAY入金は手数料がかかる

  • クレカ 5%
  • STICPAY 2.5%

クレジットカードで入金をするとどのカード会社を選んでも5%の手数料が発生します。

もともとハイローラー向けのカジノなのでクレカ入金をするプレイヤーが少ないため手数料をワンダーカジノが被るつもりがないのが理由だと想像できます。

ただ、本来ならクレカ入金に手数料がかからない他のカジノに移るのが得策なんですが、ここほどハイローラー向けに充実しているカジノも少ないのでクレカ入金からecoPayzや銀行送金を使った入金に切り替えるのがおすすめかなと思います。

また、STICPAYも利用こそできますが他のカジノで利用できるところが少ないことと手数料が2.5%かかることを考えたらやはり他の決済手段に切り替えた方が良さそうです。

そもそも他のカジノでSTICPAYの取り扱いが少ないということはワンダーカジノでもいつ取り扱いから外れてもおかしくないとも言えます。実際、そういうことは多々あります。

NORMAL版だとKYC(本人確認)が必要

ワンダーカジノは登録する際にEASYかNORMALか選べます。

ボーナスとVIPプログラムの対象になるにはNORMALを選ぶ必要がありますが、この場合はKYC(本人確認)を求められるので少し手間がかかります。

とは言え、通常はどこのオンラインカジノでも本人確認は必要なのが当たり前なので特別に面倒だというわけではありません。

それに、本人確認に利用できる書類や提出方法などは全カジノでほぼ共通しているため1回やってしまえば次のカジノからは楽勝で対応できるようになるため大した負担にはなりません。

EASYで登録・プレイをした後にNORMALへと変更は可能です。その場合でもボーナスはもらえるので安心して最初はEASYから初められますよ。(以下のようにライブチャットで確認済です)

仮想通貨の利用なのにKYC(本人確認)が必要

本来、秘匿性の高さがウリの仮想通貨ですがワンダーカジノでは仮想通貨を入出金に利用する場合にはKYC(本人確認)が必要となります。

ただし、本人確認で提供する個人情報はワンダーカジノには渡りますがそもそも海外企業であり、そして日本に支店もないワンダーカジノには日本国内からの調査が入ることは不可能なので得に心配はないと思います。

でも、どうしても仮想通貨の利用で本人確認を避けたいという方はビットカジノかエルドアカジノ(LITE版)の利用をおすすめします。

参考にどうぞ >> 本人確認なしで遊べるオンラインカジノ

クレカ入金は初回時点でKYC(本人確認)が必要

近頃はどこのカジノでもクレカ入金を利用するには事前にKYC(本人確認)を求めるところが増えてきました。

これはライセンスを保有する上で必要な条件らしいです。

ちなみに、他カジノだと入金時に本人確認が不要なところはありますが、出金の際に「入金時に利用したクレカの表裏の画像提出&本人確認書類の画像提出」が条件になるので先にやるか後でやるかの違いでしかありません。

私の体験上では先にやっておいた方が無難だと感じてます。その理由は入金時と出金時でクレカが異なってしまうと出金が難しくなるリスクがあるからです。

例えば、入金と出金の間で有効期限が来て新期限のクレカに切り替わったら別カードの扱いとなるので面倒なことになるんです。

2020年夏に出金トラブルが話題になった

こうした出金トラブルはどこのカジノでも過去に1回や2回は話題になったことがあるものですがワンダーカジノも過去1回だけ話題になりました。

2020年の7~8月頃に出金申請をしても保留中のままで処理が進まないというケースが複数あったようです。Twitterでも少し話題になっていました。

ただ、この出金トラブルはその後に解決をして出金拒否されたプレイヤーはいなかったようです。

このあたりは流石に一流ライセンスのキュラソーライセンスを保有していることからもたまたまだったようです。