オンラインカジノを特徴で選ぶ

日本円でプレイできるオンラインカジノ一覧

日本円でプレイができるオンラインカジノは数が少ないですが存在しています。

そこで今回は日本からプレイできるオンラインカジノのなかで日本円でそのままベットできるカジノをまとめてみました。

小鳥さん
小鳥さん
円(JPY)でプレイができるということは、為替レートの影響は受けなくて済むね。
カジノガラスさん
カジノガラスさん
それに、何よりも入金や出金のたびに為替手数料を取られる心配がないのが嬉しいよね。
小鳥さん
小鳥さん
あとは、円表示だとベット額の感覚が分かりやすいから日本人にはありたがいよね。

日本円でプレイできるオンラインカジノ一覧【2022年最新情報】

小鳥さん
小鳥さん
取り扱いゲームの充実度や運営実績をもとにおすすめ順にしてあります。
カジノガラスさん
カジノガラスさん
入出金の1回の限度額が100万円まででもOKなプレイヤーなら遊雅堂(日本向けという説もあるくらい)も人気ですよ。

↓カジノ名をクリックすると詳細記事に移動できます。

カジノ名 入金限度額/1回 出金限度額/1回 MAXベット額
エルドアカジノ 上限なし 上限なし 60,000ドル
ビットカジノ 上限なし 上限なし 60,000ドル
賭けっ子リンリン 500万円 500万円 15,000ドル
ボンズカジノ 100万円 200万円 15,000ドル
遊雅堂 125万円 125万円
ライブカジノアイオー 250万円 250万円 1,000万円
レオベガス 29万円 230万円 15,000ドル
ロイヤルパンダ 29万円 230万円 15,000ドル
ビットスターズ 49万円 49万円 100万円

高額べットできるのはライブカジノアイオーのライブバカラでの1べット1,000万円が最高です。

それぞれのカジノの特徴をまとめてみました。

エルドアカジノ(ハイローラー向けカジノで王者的な存在)

>> エルドアの評判はこちら

エルドアカジノは元祖ハイローラー向けカジノとして人気があります。

VIPランクも充実していて実際にランドカジノでプレイをされるハイローラーも日頃はエルドアでプレイをしている人も多いです。

プレイするゲーム会社ごとに入金先が分かれるという面倒はありますが、ゲーム会社間の資金移動はいつでも即対応なので慣れればストレスもないと思います。

ただ、エルドア内でプレイするゲーム会社がいつもバラバラという方はビットカジノの方が使い勝手が良いと思います。

ちなみに仮想通貨を利用なら本人確認なしでプレイもできます。

ビットカジノ(仮想通貨利用なら本人確認がなし!)

>> ビットカジノの評判はこちら

ビットカジノはその名前にもあるようにビットコインを利用できるカジノの先駆け的な存在で決済における信頼性も抜群です。

ただし、他のカジノに比べると少し画面が見づらい印象かなと思います。すぐに慣れるので問題はないレベルです。

賭けっ子リンリン(10BETがリニューアルしたカジノです)

>> 賭けっ子リンリンの評判はこちら

ふざけた名前にも思えますが2021年までは10BETカジノという名前で日本人プレイヤーが多いカジノの1つになります。老舗カジノの1つとも言えるので信頼性も高いです。

リニューアルのタイミングで名前を変更したわけですが日本人プレイヤーに馴染みやすいように名前を変えたようです。日本人プレイヤーを大事にしているのが伝わってきます。

ボンズカジノ(他カジノの通信の重さが嫌になった人向け)

>> ボンズカジノの評判はこちら

少しマイナーなカジノにはなりますがわりと日本人プレイヤーも多いカジノです。

日本人プレイヤーが多い理由は登録ボーナスが大きいのでボーナス狙いの人が多いような印象です。ただし決済の限度額は入金100万円と出金200万円ということで一般的なハイローラーでしたら十分に満足できる環境が整っていると思います。

また、超メジャーではないことから他カジノのように通信状態が頻繁に重くなるストレスもない印象を持ってます。(私の体験上です)

 

遊雅堂(信頼できるベラジョンと運営会社が同じ)

>> 遊雅堂の評判はこちら

ベラジョンとインターカジノの運営をしている会社が2021年に作った新しいオンラインカジノです。

とくにベラジョンなどと大きな違いを感じられないかもしれませんが、その理由は(憶測ですが)税金の対策として新しいカジノを作ったんじゃないかと思ってます。よくあることらしいです。

ただベラジョンとインターカジノは日本円でそのままプレイをすることができないので日本人プレイヤーにとっては信頼できる老舗の会社が円プレイできるカジノを作ってくれたというメリットしかありません。

ただし、ライブチャットのサポートが24時間は対応していなくて深夜〜早朝などは対応外という注意点はあります。

 

ライブカジノ アイ・オー(高額テーブルが選びやすい)

>> ライブカジノアイ・オーの評判はこちら

もしかすると最もハイローラー向けのカジノかもしれないと私が思うのがライブカジノ アイ・オーです。

なぜならハイローラー向けのライブカジノのテーブルを選びやすいようにメニュー項目が用意されているからです。

ここに入れば、バカラ・ブラックジャック・ルーレートなど14テーブルが1画面にまとまっています。しかも高額ベットできるプレイヤーしか入れないテーブルばかりなので優越感も味わえます。

入出金の限度額も1回250万円なので超がつくハイローラーでさえも満足できる環境と言えそうです。

レオベガス(専用テーブルもあるので他に飽きた人に最適)

>> レオベガスの評判はこちら

レオベガスの特徴はなんと言ってもレオベガス専用テーブルがあることです。そしてスロット派にとってはフリースピンの出金条件がないことも魅力の1つです。

入金の限度額は29万円と低いですが出金の上限は250万円と大きいので高額ベットをして大勝ちしたとしても出金面では不安がありません。

ただ、個人的には最優先でプレイしなくてもエルドアなどの他のカジノのプレイに飽きてからレオベガスでプレイをする感じがおすすめかなと思います。

また、ライセンスではNo.1の権威を持つマルタライセンスを持っている貴重なカジノというのもハイローラーが安心して高額ベットできる理由になると思います。

最近は他社は仮想通貨の利用が許される他のライセンスに変えてるところが多いけど信頼性ではマルタが最強ですからね。

ロイヤルパンダ(信頼性の高いマルタライセンス保有)

>> ロイヤルパンダの評判はこちら

ロイヤルパンダとレオベガスは実は同じ運営会社です。ライセンスも同じ信頼性がNo.1のマルタライセンスです。1回あたりの入出金の上限額も同じです。

ロイヤルパンダの方が後から作られたカジノになりますが、2つ目のカジノをリリースする理由はたいていは運営会社が税金対策で作るパターンが多いのでレオベガスとロイヤルパンダの両方に登録しておくといずれかがメンテナンスの時でも使い分けて遊びやすいので便利です。

ビットスターズ(ゲームの公平性を追求するならここ)

>> ビットスターズの評判はこちら

出金が早いことでも知られるカジノで日本では2019年からプレイできるようになりましたがもともとヨーロッパで人気のカジノです。

日本円でプレイできるカジノのなかでビットスターズがおすすめのプレイヤーは公平性にこだわる方になります。

MersenneTwisterというデジタル暗号化技術を活用してゲームの公平性に自信を持つカジノだからです。これがビットスターズの強みと言えます。

(ライブカジノでバカラをやる方へ)

小鳥さん
小鳥さん
連続した出目が続いてるテーブルを絞り込みする機能があるので便利です。「最長連勝中テーブル」を選ぶと該当するテーブルの一覧がリアルタイムで表示されるよ!

日本円でプレイできるオンラインカジノの注意点

  1. いつか円でのプレイが終了するかもしれない
  2. 円安の恩恵を逃してしまう可能性がある
  3. 10BETカジノの場合にはいったん円以外の通貨に変換される

いつか円でのプレイが終了するかもしれない

本来、日本国内ではオンラインカジノは運営がNGでして、現状はたまたま海外のオンラインカジノを日本からアクセスして遊べている状況です。

海外に送金して海外でベットしていることになるので今のところは問題になっていません。

でも、日本円でプレイができるということは日本用になっているという扱いを受けてもおかしくありません。

なので、カジノそのものは廃止になることはなくてもある日から日本円でのプレイができなくなり、USDに変えられるリスクがゼロとは言い切れません。

ただし、もし日本円でプレイができなくなるとしても事前に通知があり、USDで出金できるはずなので入れたお金を出せなくなるリスクはないと思います。

ただ、そんな変化がいつか起きるかもしれないって感じです。

円安の恩恵を逃してしまう可能性がある

多くのオンラインカジノは入金と同時にUSDやEUROに変わって入金されるので為替手数料を取られていますが、円安が進んでる状況だとオンラインカジノに入金した資金が勝手に価値が増えていくメリットもあります。

例えば、この記事を書いている今だと1ドルが20年ぶりに130円に到達しましたが、少し前までは120円ほどでした。これだけでも約8%も価値が上がっていることになります。

ハイローラーのなかには1回に1,000万円の入金をされる方も多いですが、その場合、短期間で80万円もプレイ資金が増えてることになります。

もちろん為替の変動で逆に損になることもありますが、円でプレイしている限りは円安で得できるというメリットを受けることはできません。

円以外の通貨をまたぐオンラインカジノもある

オンラインカジノのなかには円でプレイはできるけど、入金直後にいったん「円→ドル→円」とカジノ会社の都合で為替手数料を取られてしまうところあります。

例えばこのページでも紹介しました賭けっ子リンリン(旧の10BETカジノのこと)がまさにコレです。

賭けっ子リンリンの場合にはあくまでも円表示で分かりやすくプレイができるように配慮をしてくれているだけで、為替手数料が発生することを考えればお得とは言えません。

小鳥さん
小鳥さん
エルドアカジノなら入出金に限度額がなくて、それでいて円のままプレイできるのでハイローラーにはベストだと言えます。

まとめ

日本でプレイができるオンラインカジノは複数ありますが、限度額に上限がないところや限度額がやや低いけど管理画面が日本人の使いやすいデザインになっているところ、それにデジタル暗号化でゲームの公平性を高めているところなどいろいろです。

どこを選べば良いか迷ったら限度額なしが良ければエルドアを、それ以外のプレイヤーは遊雅堂を選べばきっと満足できるかと思います。

どこのカジノも人気のスロットや人気のライブゲームは共通して揃っているのでどこを選んでもさほど面白さに差は出ないものです。

あとはメジャーなゲームに飽きてきたらマイナーなゲームラインナップの違いを楽しむハイローラーが多いようです。